貨幣収集関連書籍

新刊会誌『銀』第三報

日本近代銀貨研究会 編
A4判 64頁
税込 2,160円+送料350円
 本書は日本近代銀貨研究会の会誌であり、本来研究会だけで共有されるものですが、今回特別に外部販売となりました。本書の特徴はA4判にカラー写真を数多く掲載し、細部の特徴を詳しく拡大して表示している点です。
 第一章は円銀刻印(菊紋面刻印、年号面刻印)の基本種大分類を特集。『日本の近代銀貨―一円銀貨の部―』の発行から一五年が経ち、円銀刻印自体の基本的な研究も進み、分類や鑑定において重要な情報も数多く発見されてきました。本書はそれらをまとめ、現時点での完全版といえる内容となっています。
 第二章は旧円銀の最新分類資料。旧円銀は単独で初級者から上級者が楽しめる収集分野であり、本書は基本分類、小分類、細分類、組み合せ分類、稀少〜珍種のまとめ等、様々なレベルに対して充実した情報を提示しています。

『日本の近代銀貨』
-50銭銀貨の部-

亀谷 雅嗣 編
B5判 120頁
税込3,080円+送料350円
 旧50銭・竜50銭・旭日50銭・小型50銭の主要な4カテゴリについて、手変わりの分類がまとめられています。大きな拡大写真に解説が付され、手変わりを見分けるポイントをはっきりと見て取ることができます。手変わり研究の知識をぐっと深めてくれる一冊です。

『日本の近代銀貨研究(3)』

日本近代銀貨研究会 編
B5判 24頁
税込820円+送料200円
 日本の近代銀貨に関する手変りの情報をまとめた人気シリーズ。最新刊は『日本の近代金貨研究(5)』、現在(3)、(4)、(5)を販売中です。
  2008年12月までの研究の成果が、第一章では新1円銀貨から竜五銭について、第二章では明治初期銀貨の面白変化についてまとめられています。
  続く(4)、(5)と併せてお手元にお持ちいただきたい一冊です。

『日本の近代銀貨研究(4)』

日本近代銀貨研究会 編
B5判 56頁
税込1,440円+送料350円
 日本の近代銀貨に関する手変りの情報をまとめた人気シリーズ。最新刊は『日本の近代金貨研究(5)』、現在(3)、(4)、(5)を販売中です。
 2011年12月までの3年間の研究の成果が、第一章では旧円銀から竜五銭について、第二章では旭日竜20銭銀貨の明治3~4年銘の分類について、第三章では旭日竜20銭銀貨の明治3年銘の面白手変わり品についてまとめられています。
 (3)、(5)と併せてお手元にお持ちいただきたい一冊です。

『日本の近代銀貨研究(5)』

日本近代銀貨研究会 編
kindaiginka5
B5判 64頁
税込1,600円+送料350円
 本書は日本の近代銀貨に関する手変りの最新情報を詰め込んだ一冊です。好評を頂いた前回(4)の発行から四年が経過し、その間に多くのことが発見・確認されました。本書はそんな情報を整理し、解りやすくまとめています。
 第一章では旧円銀から竜五銭までの最新の情報が掲載され、第二章では竜二〇銭銀貨の明治六年銘と同七年銘の分類、第三章では円銀明治七年銘、同八年銘の特徴分類と手変り分類資料、第四章では円銀明治一九年銘の特徴分類と手変り分類資料、第五章では百円銀貨・記念貨のエラー的変化と分類が特集されています。
 現在近代銀貨を収集されている方はもちろん、これから始めようとしている方にとっても本書は最適な参考資料といえるでしょう。

『旭日竜50銭銀貨』

亀谷 雅嗣 編
B5判 32頁
税込1,020円+送料350円
 手変わり収集初心者のための解説・手引書。明治最初期の50銭銀貨である「旧50銭銀貨」をテーマとして扱っています。
 大きな図付きでわかりやすい部位説明に始まり、基本的な刻印の特徴・組み合わせ、刻印の変化の見分け方など、順を追って丁寧に学んでいくことができます。
 本書をお読みいただくことで、これまで年号収集を中心に収集活動をされてきた方にも、「手変わり」に着目した収集方法に興味をお持ちいただけることでしょう。